gzmlhzmkwq7w3の日記

 自分の趣味とか雑感その他を、気が向いた時に書き連ねる予定です。

ジャニーズJr. の各ユニットに歌ってほしいアイドルマスターSideMの楽曲を考えたい・後編

 ジャニーズの世界に足を踏み入れて約1年半、アイドルマスターSideMをプレイし始めて約6年の筆者が両者に対する思いを巡らせた、タイトル通りの空想記事の後編です。諸注意については前回の記事と同じですが再掲。

 

 2021年12月12日21:00時点で、ジャニーズJr.自身が撮影した動画やプロフィールの閲覧が可能な公式サイト「ISLAND TV」の「アーティストを探す」欄に表示される9ユニットを対象に、「アイドルマスターSideM」が初出の楽曲のなかから歌ってほしい楽曲を選びました。昇順(一覧の下から上へ)、すなわち下記の順番で紹介していきます。記事は前後編の2部構成です。なお「アーティストを探す」欄に表示されているうち、11月にCDデビューしたなにわ男子は対象外とします。
 Aぇ!group、Lilかんさい、IMPACTors、Jr.SP、少年忍者、(ここから後編)7 MEN侍、 少年、HiHi JetsTravis Japan
 筆者はSideM歴のほうが長いのでSideMのプロデューサー目線が強めです。筆がのって文章量の多い部分もあります。直近2~3年以内にリリースされた楽曲が多めです。
 参考として、双方のジャンルが無料かつ会員登録等不要で公開している下記の動画を中心にリンクを貼りました。
1. YouTubeLantis(SideMのレコード会社)チャンネルに投稿されたCD試聴動画
2. YouTubeのジャニーズJr. チャンネルおよびジャニーズJr. チャンネル+に投稿されたパフォーマンス動画
3. ISLAND TVに投稿された動画
 HiHi Jets単体で同じことを考えた記事で4曲挙げて今回大変だったので、1ユニットにつきリンクは4件までという制限を設けました。楽曲名などのアクサン・テギュ(eの上に「’」)は「e」で表記しています。gzmlhzmkwq7w3.hatenablog.com つまり紹介するユニットごとに動画が3~4本リンクされていますので、ご自身の時間と相談しながら適宜ご覧ください。

 

 同じ発想でブログ等を書かれた皆さんと選曲が重なっている箇所も多々あると思います。解釈違いがあればごめんなさい。それではいきます。

 

 

 

7 MEN侍

『String of Fate』(Legenders)

 個人的にはしっくりきました。ギターの本数が足らなさそうですが、矢花黎さん(7 MEN侍 / ジャニーズJr.)がバンドアレンジしてくれるはず。
 この組み合わせに関しては、どこかで次元がねじれて本髙克樹さん(7 MEN侍 / ジャニーズJr.)と古論クリスさん(Legenders)が出会ってくれないかなと考えています。クリスさんうおうおTV見てるかな(?)。

 

『GLORIA MOMENT』(Jupiter)

 気骨のある歌詞が似合うので、Jupiter楽曲のなかで歌詞とサウンドの両方にそれが強く表れているこの楽曲を選びました。

www.youtube.com※パフォーマンス動画じゃなければ、12kgの寒ぶりを捌きながら魚への思いを語る「#うおうおTV【氷見寒ぶり編】」か、実際にギターが足りない楽曲をどうしたかというエピソードを語る「矢花とサマパラ懐古 その2」(いずれもISLAND TV)を貼るつもりでした。

 

『RIGHT WAY, SOUL MATE』(神速一魂)

 神速一魂はなぜかバンドサウンド楽曲が多いため7 MEN侍との相性が良い気もしましたが、デュオに歌ってほしいという神速P心が邪魔をしてイチオシには持ってこられませんでした。ちなみに作曲はTOKIOの『Mr. Traveling Man』やV6の『ROCK YOUR SOUL』、トラジ・ハイジの『ファンタスティポ』を手掛けた清水昭男さんです。

 

少年

『いつかのトライアングル』(Jupiter & Beit & THE 虎牙道)

 一途な片想いが似合いますし、鮮やかに失恋してほしいです。ライブのソロに失恋曲を選ぶことが多いらしい那須雄登くん( 少年 / ジャニーズJr.)がすごいことになりそうですね。サビにソロパートが6カ所あるので、どの歌詞に誰をあてるかに趣味や性癖が現れると思います。

www.youtube.com※第一印象が「Beitの概念」だった1曲で、最初にソロパートを歌っているのが雄登くん。お花の付いた衣装を見ると、前職が花屋の渡辺みのりさん(Beit)を思い出します。

 

『Purely&Kindly』(ピエール、蒼井享介、清澄九郎、榊夏来)

 なぜなら曲名がもう 少年じゃないですか。歌っている姿を見届ける観客になって、「”美しい”はきっとこういう景色」という歌詞をそのまま感想としてつぶやきたいです。「美」と「和」を同時に体現できると思ったので、『装 -So Beautiful-』(彩)も考えました。

 

『リビングアイズヒーロー』(FRAME)

  少年の6人が主演した今夏のテレビドラマ「ザ・ハイスクールヒーローズ」(テレビ朝日系)。学園特撮ヒーローがよく似合っていた彼らの健やかさは、FRAMEとも相性が期待できるのではないでしょうか。このドラマでも315プロ配役を考えていて、残り1人までは決まりましたがそこからがなかなか難しい……。毎回楽しく視聴していましたし、最終回放送後にテレビ朝日に感想メールを送ったくらいには続編制作希望です。

 

HiHi Jets

『DRAMATIC NONFICTION』(DRAMATIC STARS)

※レコード会社公式チャンネルのCD試聴音源が見つからなかったため、今年8月まで稼働していたアプリゲーム「アイドルマスターSideM LIVE ON ST@GE!」(略して「エムステ」)の公式MV集を使用しています。
 なにせ過去に4曲も挙げたため、一周回ってここかなと思って選びました。エムステのMV通りの振付じゃなくて構わないので、イントロで3人が青→緑→赤のライティングの順にポーズ決めるところは井上瑞稀さん・作間龍斗くん→橋本涼さん・猪狩蒼弥くん→髙橋優斗さん(いずれもHiHi Jets / ジャニーズJr.)で見たいです。DRAMATICなNONFICTIONを掴んで世界を塗り替えていってほしい。
※ちなみにアイドルマスターSideMには、ヒーローを目指している元弁護士でギャグを考えるのと料理が好きで特にライブで本領発揮する歌唱力の持ち主、という何故かHiHi Jetsを連想する要素をまんべんなく有するアイドルがいます。天道輝さん(DRAMATIC STARS)なんですけど。

 

『NEXT STAGE!』(共通曲) ※動画はF-LAGS版

 ぶっちゃけ一番やってほしい反面、共通曲を挙げるのはフェアじゃないかもしれないとも思いました。でも「秘密の大作戦しよう!」聞きたいじゃないですか。筆者としてはここ瑞稀さんか涼さんのどちらかだと思うのですが、同じ楽曲でもユニットごとにパートの分け方で雰囲気が変わるのでめちゃくちゃ迷いました。興味を持たれたかたは他のユニットのバージョンも試聴していただけたら、しがないプロデューサーとしてはありがたいです。
 それに一部の歌詞サイトでは表示できないですが歌詞カードだと大サビ前の「俺たちにお任せあれ」にハートマークが付いているんですよ。これがジャニーズJr. で一番似合うのはHiHi Jetsでしょう(個人的見解)。

www.youtube.com※ライブでの映像を観ていただきたいと思い、「JetなDoするLifeなう」でお馴染みの『HiHi Jets』との2択の末に2020年の『Eyes of the future』を貼ることにしました。

 

Travis Japan

『Delicious Delivery』(Cafe Parade)

 粒ぞろいの個性を持ったメンバーがTravis Japanとして1つにまとまっているところ、Cafe Paradeと親和性が高いと思うんですよね。細かなリズムまで汲み取った振付を考えてくれそうですし、楽しくて幸せなひとときを作ってくれるに違いありません。そして宝塚歌劇団のファンでもある筆者としては、ジャニーズJr. で最もレヴューが似合うユニットにCafe Paradeの楽曲を合わせずにはいられませんでした。なぜ紹介順の最後に持ってきたかというと、パート割まで考えた唯一の組み合わせだからです。なお台詞は略。

Delicious Delivery! Happiness, Bon appetit!
Precious Variety! Special Harmony!

[七五三掛]君に会いたいだけなのに会えない [宮近]そんなの [七五三掛・宮近]ありえないよ、待ってて!
[吉澤]いつもの場所じゃなきゃダメなんて ルールは [中村]ないよね [中村・吉澤]すぐに行くから

(Sendin’ to your place!) [松田]どこだって
(Magic on the plate!) [松倉]届くんだ
[宮近]世界は繋がってる、[松倉・吉澤]そうさ!
(Please tell your wish!) [中村]教えて
(Believe, we can make!) [川島]君が [川島・七五三掛]今欲しいもの
大好きだっていえるもの

だって僕らはもう知っているんだ 美味しい幸せは
[松田]距離や時間なんて超えるって
お届けするおもてなしが あってもかまわないよね?
[中村]笑顔にしたいから
(For your smile) いつだってOPEN! Our heart!

Delicious Delivery! Happiness, Bon appetit!

[松倉]おうちでだってドレスアップしていいじゃない とびっきりのムード[松田](フード!) [松倉・松田]楽しもうよ!
[川島]お気に入りのカトラリーみたいに [七五三掛](ナイフ&フォーク、[吉澤]スプーン)
[川島]君らしいスタイルで飾りつけようよ Party Time!

[松田]寂しい気持ちなんてさせない
(Everyday) [川島]出来ないなんて言いたくない
[中村]会いに来てくれた、[吉澤]あの喜びも
知ってほしいんだ!

だから僕らから会いに行くのさ 美味しい幸せで
[松倉]胸の奥まで満たしたいな
トクベツじゃない日のスペシャリテ あってもかまわないよね?
[宮近]笑顔にしたいんだ
Bon appetit!

[中村]そうだね、当たり前と思うことが 続くとは限らない [松田]時は移り変わってくから
[七五三掛]だけどね、なぜかわかってるんだ 大事な想いだけは
[松倉]胸にのこって [吉澤]変わらないってことを!

だって僕らはもう知っているんだ 美味しい幸せは
距離や時間なんて超えるって
お届けするおもてなしが あってもかまわないよね?
[川島]笑顔にしたいから
(For your smile) いつだってOPEN! Our heart!

Delicious Delivery! Happiness, Bon appetit!
[宮近]どんな時も どんな場所でも
Precious Variety! Special Harmony!
Send You!

 「おうちでだってドレスアップしていいじゃない」は感性豊かな松倉海斗さん(Travis Japan / ジャニーズJr.)ですし、「お気に入りのカトラリー」川島如恵留さん(Travis Japan / ジャニーズJr.)でしょう。吉澤閑也さん(Travis Japan / ジャニーズJr.)と卯月巻緒くん(Cafe Parade)の声ってちょっと似ていませんか?

 

『Radiant Letter』(Jupiter)

 大人のカッコよさがある楽曲をあててみたいと思い、この楽曲も選んでみました。生演奏をバックに踊ってほしいです。
 Travis Japanの激しく踊る楽曲群のイメージに合わせた選曲も試みたのですが、SideMにはそうした楽曲があまり多くないという壁にぶつかりました。激しく踊れそうな楽曲が比較的多いのはある意味「トラ」つながりもあるTHE 虎牙道なのですが、個人的には「これだ!」という楽曲を見つけるのが難しかったです。
 逆に315プロのアイドルがTravis Japanの楽曲を歌うとしたら、神速一魂とTHE 虎牙道で『VOLCANO』だし、Cafe Paradeは『Dance with me ~Lesson1~』だし、Jupiterはどの方向性にも対応できそうな気がします。

www.youtube.com※『VOLCANO』、『Lock Lock』、『夢のHollywood』などで色々と悩んだ結果、今年の全国ツアーの『The Show』を貼りました。ちなみに、イントロで「Oh Oh……」を歌っている如恵留さんは自身の誕生日が秋山隼人くん(High×Joker)と同じことを把握していたり、テレビ番組で共演した隼人くん役の千葉翔也さんの生演技を聞いて「本物だ!」と反応してくれたりした方です。

 

『Symphonic Brave』(Legenders)

 2021年11月12日放送の「ザ少年倶楽部」(NHK BSプレミアム)で披露した「千年メドレー」を見て、この事務所で脈々と受け継がれるジャニーズの舞台文化を担う覚悟を感じました。だから、「遠い過去に奏でられた勇気のフレーズの続きを響かせるのさ」を歌ってほしいと思っての選曲です。誰かの背中を押すだけでなく自らを勇気付ける要素も含んでパフォーマンスを見せてくれそうです。

 

番外編

 逆に、SideMの楽曲を1つ選んでジャニーズJr. の誰に歌ってほしいか考えてみよう、という順序で決めたのがこちらです。

『Mermaid Fermata』(Altessimo)

大輝and浩大

j-island.net これだ!と思いました。
※今野大輝さん(7MEN侍 / ジャニーズJr.)と中村浩大くん(Jr.SP / ジャニーズJr.)の2人による歌唱動画はISLAND TV上にいくつも公開されています。

 

 

 

 後編はここまでです。

 既に持ち歌が複数あるジャニーズJr.のユニットが多いため、そのイメージに合わせに行くか違う方向で攻めるか考えるのは、大変でもあり楽しくもありました。
 楽曲名が比較的多く出たSideMのユニットというとJupiter、Beit、FRAME、High×Joker、THE 虎牙道、Legendersあたりでしょうか。当てはめやすいユニットもあればそうでないユニットもありましたが、何らかの形でSideM全16ユニットの名前を出せたことには大変満足しています。

 前編の導入にも書いたように、アイドルそれぞれに信念や目標があり、スタイルが多種多様だからこそ、誰もが必ず誰かのアイドルになれるのだなと改めて感じています。
 そうした彩りを味わい分かち合うことができる大切さを噛みしめながら、アイドルたちの追い風になれるように、何よりアイドルたち自身が健やかに生きていけるようにと、来年も願いながら日々を送りたい所存です(2021年も残り2週間ということで、年の瀬というにはまだ早いかなと思いつつ)。

 

 読んでいただき、ありがとうございました!