gzmlhzmkwq7w3の日記

 自分の趣味とか雑感その他を、気が向いた時に書き連ねる予定です。

2023年も橋本涼さんの誕生日を祝いたい

 10月30日は橋本涼さん(ジャニーズJr./HiHi Jets)の誕生日です。おめでとうございます。
 はしもっちゃんに関してこの1年で印象に残った出来事について書くことにします。過去3年の誕生日祝い記事は文章量がヘビーになりすぎたため、今年はさらりと。

gzmlhzmkwq7w3.hatenablog.com

gzmlhzmkwq7w3.hatenablog.com

gzmlhzmkwq7w3.hatenablog.com

 

 この1年のはしもっちゃんのお仕事で印象的なのはテレビドラマです。4月クール放送の「墜落JKと廃人教師」(毎日放送)主演のお知らせが飛び込んできた時の驚きは忘れられません。
 この作品は同名の少女漫画が原作で、彼が演じた灰葉仁は教師としてはどうかと思うほどダメな大人で、掴みどころのない言動で生徒・落合扇言を振り回しながら距離を縮めていきます。原作コミックスを読んでいて思ったのが、灰葉って割と年齢不詳で生徒といっても違和感のない容姿なんですよね。教師役はあまりに若すぎるのではという心配の気持ちがそこで1つ軽くなりましたし、筆者の一番の驚きはドラマ本編で彼が全体的に台詞の発声をやや低めに調整し続けていた点。キャラクター造形の手段の1つとして声を灰葉に寄せに行き、過去のどの役とも違う声を作っていたように映りました。贔屓目抜きにいうとその作戦を貫くには技巧以外の余地もあったと思いますし、全編に渡ってその試みが成功していたとはいえない気もしますが、この作品が何か手ごたえを得られるものになればと願ったのが今年の6月の終わりです。
 そしてまさか4か月弱後に声優学校が題材のテレビドラマ「Maybe 恋が聴こえる」(TBS)に出演とは考えていなかったですね。現在放送中ということで、引き続き頑張ってもらいたいなと思います。
https://www.youtube.com/watch?v=R-Nj11xAv8k ← 「墜落JKと廃人教師」のOP映像。理科室の机とシャボン玉の演出が面白いのでご覧あれ。
 個人的には、この作品を通して扇言役の髙石あかりさんの凄さを感じました。ドラマ放映後に原作を読み返すと扇言の台詞がすべて髙石さんの声で聞こえてくるんですよね。漫画原作の舞台に何度も立っている俳優の経験値を思い知りました。

 

 ただの胸キュンではないシチュエーションを経験してきたからか、HiHi Jetsテレビ東京系単独レギュラーテレビ番組のキャラ付けが割と特異な方向に行っている気がします。「1クールジャ終われない!」のどの回か思い出せないのですが罰ゲームとして作間龍斗さんの無茶振りに応えてドS変態を演じきったなあと思ったら、「HiHi JetsのHiしか言いません!」のカラオケ企画では歌いながら手錠を掛けるわ婚姻届を取り出すわ。ジェッツの中ならはしもっちゃんに任されそうな役回りとはいえちょっと心配になった時に何故か思い出したのが、「HiHi Jetsのラジオだじぇっつ!」(JFN系)でした。
 彼のトークって時々アイドルではないであろう友人と何かをした、という話がちょこちょこ出てくるんですよね。特に第71回のはしもっちゃんソロラジオは具体的なテーマを決めた他のメンバーと異なりひたすらフリートークで、仕事の話だけでなく多趣味な彼らしいお話が聴ける30分でした。一介のファンが子供の頃から芸能界にいる人のことを理解できるわけはないのだけれど、好きなものを仕事につなげつつ、プライベートで自然体でいられる存在をいくつも持っている彼なら大丈夫だろうなと感じました。
https://audee.jp/news/show/109471

 

 先週10月22日、YouTubeの公式ジュニアCHANNELでアリーナツアーの表題曲『BOOOOOST UP!!!!!』のパフォーマンスが公開されました。
 ツアータイトル「BOOOOOST!!」を考えたはしもっちゃんがこの楽曲でキメのソロパートを何度も担いセンターに何度も立ちあのニーッとした笑顔を見せている様子に、大勢のファンが作ったステージという空間にいる彼の輝きはやはり良いものだなと思いました。
https://www.youtube.com/watch?v=keybVOVtSoM
 愛し愛されてステージで輝く彼の「細かいこだわりで青写真に描いた未来」がさらに広がっていく1年になりますように。

 

 読んでいただき、ありがとうございました!